Officail Blog

 「なんか、そのへんのこと」

noto tokyo

先日、能登に住む先輩夫婦の所え行ってきました。

10代のJAZZに挑戦し始めてまだ何をどうやれば良いのかも解らなかった頃、専門学校の一つ上の学年だったその先輩がある日突然学校のイベントでの演奏に誘ってくれた事がきっかけで、それから何年もの間数え切れない位のステージを一緒に演奏しました。



今は先輩は能登、僕は東京ななで中々一緒に演奏する機会がなかったんやけど、先輩が能登に呼んでくださり、数年ぶりにら3日間のステージを共にする事が出来ました。それはなんやか懐かしくもあり、そして新鮮でもあり、今と昔が交差する様な素敵な時間で、何が言いたいかと言うと「楽しかったな」それだけです。(ボキャブラリーの限界で文書にするの諦めた…。)


その先輩夫婦は自分達が食べる野菜や米を自分で育てほぼ時給自足な生活を送っていて、僕も朝畑に連れて行って貰い収穫した野菜でお昼ご飯を食べたりと、何とも有意義な時間を過ごさせて頂き心身共に癒されました。


で、能登で大自然に囲まれた3日間を終えて東京に帰ってきたんやけど、何やか東京は時間の流れが早い感じして、そしたら自分は昔から何をするのも人より時間がかかる人だった事をふと思い出しました。やからたまにぐったり疲れてしまうのか、、、とか思って、焦らず自分の時間で生活する様にしないとな〜とか何とか最近は思っております。



つーわけで本日は七夕。(ギリギリ)



短冊も笹も無いから、ここに願い事を一つ。



「できるだけ自分のペースで生きていけますように。」








ごきげんよう。




63回の閲覧

最新記事

すべて表示

Discrimination/Prejudice/Stereotype/Racism

今アメリカの各地で大規模なデモが起きている。黒人男性が白人警官に首を圧迫され死亡したことに抗議するデモだ。そして日本でも在日クルド人男性が警察官に不当に職務質問、暴力を振るわれた事への抗議デモが起きている。 僕は如何なる差別にも反対です。と言うか、多くの人がそうやと思います。どうやろ?少なくとも僕の周りはそうやから、そうであると信じています。 昔、何かでヘイトスピーチをする白人男性に通りかかった黒

Happy new year

明けまして、おめでとうございます。 昨年は変化の一年でした。いくつかの出会いと、いくつかの別れと。そして英語の勉強を始めたことは、これから自分に沢山の可能性を与えてくれる様に思います。がんばろう。 ちなみに、帰省中の新幹線で暇やったので、昔書いた曲の歌詞の英訳やってみました。自信はない。笑 There were a lot of changes for me last year. I have m